SHOP探訪

萬年筆にまつわるお店紹介

2015年11月15日 (日)

SHOP探訪+ペンクリレポート+M800バーント・オレンジ〜もりつねSappli.

Img_0185

この週末、もりつねSappli.さんで、ペンドクター川口さんによるペンクリニックが開催されました。
前にも書きましたが、このお店は北九州市内では本当によく頑張っていると思います。萬年筆が好きな店員さんがいることも魅力ですね。そのおかげで、川口さんのペンクリニックも年1回定例化されつつありますし、インク工房も行った実績があります。ぜひ継続していただきたいと思っています。


Img_0184

土曜日、私はちょっと遅れて参加しました(それでもお昼前ですが)。予想通り同好会の面々が、申し合わせたわけでもなく集合(笑)。桜のGさんをはじめ何人もの方が、この機会にお目当の萬年筆をGETされていました。かくいう私もその一人。

ペンクリニックはあいにくの天候にもかかわらず出足好調のようで、順番待ちの方が数名程度の「ちょうどいい」人数でした。川口さんも余裕を持って対応されていたように思います。
私は今回、どうしても調整してほしいものがあったわけではなく、どちらかというと「何を買うか」で迷っていました。ただ、お客様が多くて、お店の皆さんが忙しそうなこともあり、いろいろ試させていただくのもちょっと気がひける状況ではありました。

Img_0183

そんな中、海外仕様のプロフェッショナル・ギア スケルトンがやや気になりつつ…結局プロフィットの赤軸EFを購入。手帳用に使えそうな細身の極細です。色も個性があって気に入りました。
インクはセーラーの極黒を入れてみました。写真は長崎マツヤ萬年筆病院オリジナル(プロフィット旧型デザインがベースになっているようです)と並べて撮影してみました。全体のサイズはほぼ同じですが、持った感じ胴軸の中ほどの膨らみがやや太い感じがしました。また、書き味もずいぶん違いがありました。こちらの詳しいレビューは別記事で後日。

帰り際、ペンクリ待ちのお客様が途切れたタイミングを見計らって、未調整のプロフィット21スケルトン ズームを見ていただきました。インクフローを多めにして欲しいというリクエストに、あっという間に対応していただきました。やはりセーラーだと対応がスムーズ?なのかもしれません(笑)。

二日目、お昼前に覗いてみると、昨日と同じくらいの人数が順番を待っていました。

Img_0182

私の今日のお目当は、ペリカンM800 バーント・オレンジ。このペンは、しばらく前から気になっていたのですが、今日購入すれば、私の書き癖に合うよう調整もしていただけるだろうと思い、思い切って購入しました。
Mニブですが太すぎず、私の筆記角度に合わせて調整していただいたせいか、大変滑らかな書き味です。インクはモンブランのバーガンディ・レッドを選択しました。
このペン、モンブランのヘミングウェイのオレンジ色に似ているのですが、インク窓がなく、残量がよくわからないという欠点があります。まあ、わかった上で買っているので文句はないのですが。そこまで頑張ると、コストがかかりすぎるのかもしれませんね。しばらくは一筆箋を書く時、つい手が伸びそうな気がします。

四方山情報ですが、Sappli.って限定物をちょいちょい仕入れてくれるのです。現在、M200のスケルトングリーンハイライターやM600のピンクが置いてあります。特に後者は、大きな街の文具店ではもう手に入らないようですが、ここにはあるのですねぇ。探している方で、このブログを見られた方は、かなりラッキーたと思いますよ!

2015年11月 4日 (水)

SHOP探訪〜CrossLand山口(山口市)

Crossland

山口市には、以前ご紹介した「モリイケ」さんの他に、CrossLand山口という(この地域では)かなり大きな文具店があります。系列のお店も、県内を中心に数店舗あり、CrossLand宇部は、山口市の店舗に比べてやや小さいものの、万年筆の品揃えは充実していました。
その他、広島市や下関市にも系列店があるようですが、筆記具の充実という点では、山口市の店舗が一番力を入れているようです。特にこちらには、セーラーの万年筆が充実しているように感じます(山口と広島は隣県だからというわけではないのでしょうが)。
数ヶ月前お邪魔した時には、煤竹万年筆が2本置いてあって、ちょっとびっくりしました。こちらは、実物を手にしてみる機会があまり無い物ですし、気になっていた長刀モデルだったので、試筆させていただきました。ところが、手にしてみると2本ともペン芯とペン先が大きくずれています。ルーペを使ったわけではありません。肉眼でそれと分かるほどでしたので、ちょっとがっかりしました。セーラーの検品の体制はどうなっているのかなぁ…
せっかく、性能にこだわった良い製品を生み出しているセーラーさんですから、こんなところに味噌をつけないで欲しいなと切に願います。この万年筆は、値段的にも初心者の選ぶものではないとは思いますが、ずれていてもいいというものではないでしょうし。

さて、こちらは以前、ペンドクターの川口さんがペンクリニックを開いていたことがあります。しかし最近はペンクリをやっているという話を聞きません(やっているかもしれないのですが)。インクもDr.ヤンセンをたくさん置いてあったりして、こだわっているなぁ、嬉しいなぁ、と思っていたのですが、最近はほとんど在庫がなくなりました。ちょっと寂しい気がします。モンブランのコーナーや、中屋の蒔絵や、デルタの高級ラインのモデルなど、他ではあまり見ないものがあったりしますので、目が離せないお店であることは間違いないのですが…。このまま萎んでいかないことを願っています。

因みに、こちらに置いてあったヨーロッパ製の万年筆の中には、長い事ビスコンティのオペラ”レインフォレスト”があって、ずっと気になっていました。一念発起して買いに行ったら売れてしまっていたのは残念な思い出です。ちょくちょく様子を伺いに行かなくちゃ!!

山口市は、このお店とモリイケ、そして湯田温泉があるという点で、私にとって休日を過ごす絶好の場所になっています。ついでに書くと、山口県立美術館のミュージアムショップでは、私の大好きな”榛原”の蛇腹便箋を取り扱っています。おかげで山口に行ったら必ず美術館にも立ち寄るようになってしまいました(笑)。

2015年10月22日 (木)

SHOP探訪〜山形屋文具売り場(鹿児島市)

九州では、万年筆ユーザーが多いといわれる鹿児島市に来ています。
インク工房やペンクリニックの開催も精力的に行われている、山形屋さんに立ち寄りました。

 

売り場の広さに対して万年筆の本数はかなり多く、充実しています。一角に中屋萬年筆のコーナーがあるところがこだわりを象徴している様です。焦る事なくゆっくり選べるのが良いなあと思いました。
bar-karさんの情報によると、萬年筆に詳しい店員さんがいて、話すと楽しいという情報を得ていましたので、会える事を期待していたのですが、残念ながら会う事は叶わず。
せっかくですので、何か記念に買って帰ろうと思い、ラミーのコッパーオレンジインクを購入しました。アルスター本体はSappli.で購入していたのですが、インクは決めていなかったので。添削用にはちょうどいいかな〜
因みに、鹿児島市には気になる文具店がもう一軒あります。時間の関係で行けるかどうかわかりませんので、まぁご縁があれば、という事で。

Image_2
Image_3
Image_4
Image_5

 

2015年10月10日 (土)

SHOP探訪〜明石文昭堂(別府市)vol.2とパイロットペンクリニックレポート

熊本市の甲玉堂でのペンクリに続いて、別府市の明石文昭堂で行われた、パイロット万年筆のペンクリニックに参加してきました。こちらでは(ほぼ?)年に一回、パイロットのペンドクター・滝沢さんがクリニックを行っておられます。

10時開店に合わせて早朝から自宅を出発。早い時間でしたので、悪名高い国道10号線の渋滞は無く、スイスイ進んで15分ほど前に到着しました。入り口側にペンクリのコーナーがしつらえてあって、すでに滝沢さんがスタンバイされています。ちょっと早かったのですが中に入れていただき、待ち時間なく診てもらうことができました。

Img_0005_3

今日はビスコンティの「ヴァンゴッホ〜バニラ M」を持参。時々書き始めのかすれが気になっていました。結果としては、切り割の部分がちゃんと紙に当たるようにするには…とか、文字を書いている位置の変化(紙の右上と左下など)によっても、ペン先と紙の当たる角度は変わってくる…というようなことを丁寧に教えていただきました。その上で、ペン先の開き具合を少しだけ調整していただき、終了!

ペンクリニックって、書き味の調整やトラブル解消はもちろんなんですが、万年筆のプロから様々な話を聞けるということが何より魅力的だなぁと、改めて思いました。
ところで私の記録用紙には34番と書かれてありましたので、昨日は33人もペンクリニックを訪れたことになります。そして今日も、私が診ていただいている間にも次々に来店されていました。毎年定期的に万年筆の状態を診ていただける安心感と、お店の熱心な取り組み。決して人口は多くない別府市で、これはすごいことですね。別府の萬年筆ユーザーさんは幸せです。

ペンクリが終わってお店の方とお話しする中で、パイロット2015年限定キャップレス「トワイライト」が今日入荷する!という情報を聞き、ちょっと温泉に浸かってからもう一度お店を訪ねました。とはいえ、すでに買い手がついているので見るだけなんですが(笑)。

20150915_1764212_2

20150915_1764213

2015年の限定モデルということで世界で2015本限定生産なんだそうです。 画像はちゃっかり、他のサイトから拝借(まぁ宣伝になるからいいのかな…)。スカイブルーからバイオレットへのグラデーションは、青系の色が好きな方には堪らない色使いかもしれません。

私はすでに2012年のチャコールマーブルを持っていますので(明石文昭堂さんで購入)さらにもう一本という気にはならないのですが、そいつがMニブなのがちょっと惜しいのです。以前Fのペン先を試させていただいた時、独特のしなり感に驚いたことがあって、いつか縁があったら、Fのキャップレスが欲しいなぁ、と物欲を刺激されつつ、帰路に着いたのでした。

2015年10月 7日 (水)

SHOP探訪〜モリイケ(山口市)+「出雲 赤溜」Review

山口市は、萬年筆に力を入れて扱っているお店が(私の知っている限りでは)2件あります。
今回はモリイケさん。道場門商店街にあります。

Photo

いかにも「町の文具屋さん」的な店構えですが、萬年筆に関しては侮れないこだわりが感じられます。

お店に入ると売り場面積に対して大きめのカウンターレジがあり、その半分は萬年筆のディスプレーショーウィンドウです。国産を中心に基本的なラインナップを揃えています。

お店の方にお話を聞くと、店主さんはプラチナ萬年筆押しだとか。確かにショーウィンドウにはプラチナ萬年筆が充実していて、スタンダードモデルの他、高級ラインの商品も揃えています。
「これがいいんだよ」というような主張を感じるところが好きです。

お店のオリジナルインク(sailorインク工房製)もあって、萬年筆ファンに嬉しい品揃えです。「インクの楽しみvol.1」で紹介した”一の坂”をはじめとして、全3種類のインクがあります。


Img_0168

私はこちらでプラチナ萬年筆 「出雲」赤溜 M を購入しました。本当はFが欲しかったのですが、購入した時は店頭に無く、ペン先よりも漆塗りのペンに興味があったことと、#️3776のペン先以外の書き味を知りたかったこと(「出雲」のペン先はプレジデント)が決め手となりました。カチッとした書き味で、メリハリのある線が書けます。明らかに#️3776とは違った感触で、ほとんどしなりは感じません。しかし、ペン先の形状のせいか、とめはねが適度に表現できる気がします。


実際に使ってみて指先に感じるしっとり感は、漆の軸ならでは。ペン先は最近やっと馴染んできて、ますます書き味が良くなってきました。
インクは一貫してプラチナのブルーブラックを使用しています。
持ち歩くのではなく、自宅で、ゆったりした気分で、手紙を書くのに手が伸びる一本です。

2015年9月29日 (火)

SHOP探訪〜TOHJI とうじ(福岡市)

天神地区で最も古い近代ビル「福岡ビル」。TOHJIさんはその一階にあります。
創業は大正7年と言いますからかなりの老舗です。

 

Img_0147

 元々和文具を取り扱うお店だったということで、現在も鳩居堂のお香や便箋、筆などの品揃えが豊富です。

 便箋の違いによって書き味が異なることや、様々なデザインの一筆箋を使う楽しさを知ったのは、このお店の品揃えがあってこそです。そうそう、満寿屋の原稿用紙を初めて買ったのもこのお店でした。

一方、ビジネス街ということもあり、手帳や名刺を扱うコーナーも充実しています。現在愛用中の「ほぼ日手帳」のカバーは、こちらで購入しました。革製のそれは、現在いい感じにエイジングされていて、手帳を使う楽しさを増幅させてくれています。

Img_0157

万年筆コーナーは、さほど広くありませんが、ビルの正面玄関をはいってすぐの所にあります。オフィスビルなら受付があるような場所、ロビーのようなところです。(以前このビルの2階3階に丸善が入っていて、TOUJIさんも丸善の一部だと勘違いしていた時期があります。)
ここには常時店員さんが居て、試し書きにもすぐに応じてくれます。ちょっとしたペン先調整なら、男性の店員さんが対応してもくれます。

 

Img_0158_2

このお店で購入した、思い出の萬年筆は、セーラープロフェッショナルギア・マイカルタのMです。この万年筆を企画したペンドクターの川口さんに何度か調整してもらい、購入後も大変素晴らしい書き味を保っています。私にとって初めて購入する高級な萬年筆でした。注文してから届くまで少し時間がかかったので、連絡を受けてから、ワクワクしながら天神まで車をとばしたことを思い出します。

 TOUJIさんには姉妹店もあり、(歩いて5分もかからないかな)、こちらはおしゃれなハガキ、便箋などを取り扱っています。ジュリエットレターズというお店で、アクロス福岡の1階にあります。G.LAROの便箋とかガラスペンなどが目を引きます。

どちらのお店も、店員さんの対応が良くて好感が持てます。大好きな場所の一つです

2015年9月26日 (土)

SHOP探訪〜MARUZEN 福岡店(文具専門) (福岡市)

天神の中心部、福ビルや天神コアの裏手に、ジュンク堂書店があります。その建物の地下1階がMARUZEN 福岡店(文具専門)です。
フロアとしてはかなり広いので、品揃えも多いです。特に目を引く場所、フロアのほぼ中央に万年筆コーナーがあります。

この広さを活用して、ペンクリニックなどのイベントも開催されます。私はIr Sunriseのペンドクター宍倉さんのペンクリを、このお店で体験させていただきました。

ショーケースの広さはJR博多シティよりやや広いかなというくらい。特筆すべきは、ペンケースの品揃えが充実していること、限定万年筆のコーナーにペリカンの螺鈿があったりすること(マニアック!なイメージ)。こちらの女性店員さんに、かなり詳しい方がいらっしゃって、対応はとても安心感があります。

インクは丸善のアテナインキやオリジナルインクをはじめとして、各メーカーのインクを置いています。スティピュラのグリーンが好きな私は、いつもここで購入しています(いつもと言っても、大容量なのでまだ3本目ですが)。

ただ、以前福ビルに店舗があった頃はDr.ヤンセンとかも取り扱っていたと記憶していますが今はありません。エルバンも取り扱いはありますが、品数が少なくなってきた印象があります。選択肢が少し減ってきている感じかな。

Img_0145

続きを読む "SHOP探訪〜MARUZEN 福岡店(文具専門) (福岡市)" »

2015年9月23日 (水)

SHOP探訪〜丸善JR博多シティ店(福岡市)

丸善といえば、数年前まで天神の「福岡ビル」内に店舗があって、落ち着いた萬年筆売り場の雰囲気が大好きでした。インクも多種揃えてあって、手作りの色見本帳があったりして、見るだけでも楽しめる場所でした。
JR博多シティの開業に伴い、丸善がこちらに移転することになり、福岡ビルの丸善は閉店。
現在は8階フロアの一角に、万年筆コーナーという程で営業しています。

MARUZEN JR博多シティ店

以前からの店員さんとは「福ビルの雰囲気が良かったんだけどねー」などと話していますが、お客さんの数からすると、こちらの方が商売になるでしょうから、仕方がないところでしょうか。

 

Img_0148


 

丸善のスペースの一番端にあって、常に人が行き交う場所。私はちょっと落ち着かないのですが、万年筆のコーナーにもよく人が入っています。品揃えはデパートの万年筆売り場に比べれば大変充実していますが、以前の福ビルを知っている者にとってはちょっと物足りないかな〜という感じです。
インクは品数も充実していて、選んで買うことができます。中でも丸善オリジナルの「アテナインキ」は、セピア色で濃淡もよく出てくれるので、私は大変気に入って常用しています。現在パイロット823FAにたっぷり吸わせています。また、セーラーインク工房で作られたとみられる丸善オリジナルインクのうち「鳩羽鼠」という色もお気に入りです。黒ではあるのですが、ほんのりグレーがかっていて、濃淡を表現しやすいのです。私の他にも知り合いで気に入って使っている方を3人知っています。それくらい人気色?なのです。

 

丸善のフロアの下の階は、東急ハンズが入っています。先日、デスクマットにする革を購入しようかな〜と思い、立ち寄ってみました。ペンケース等を自作したい方は、こちら革皮製品取扱コーナーがオススメです。
また、JR博多シティには、東急ハンズと博多阪急が入っているので、丸善の他にも万年筆を取り扱っている店舗が3箇所(東急ハンズ内文具売り場と1階エスカレーター近く、博多阪急文具売り場?)あるのですが、そちらはあえて取り上げません。

 

そして、丸善は天神のジュンク堂の地下に、もう1店舗あります。こちらの様子は、また次回に。

2015年9月21日 (月)

SHOP探訪〜マツヤ万年筆病院(長崎市)

さて、今回のSHOP探訪は長崎県長崎市にある「マツヤ万年筆病院」です。

 

954714_495149950570260_2129670563_n

 

全国的にも有名なこのお店。私はこれまで5回ほど訪れました。その度に何か必ず買って帰る”羽目になる”という恐ろしい(笑)お店です。
でもその傾向はどうやら私だけではないようで、萬年筆研究会WAGNERでもそのような話題が出ていました。それだけ魅力的な品揃えということでしょう。

 

店に入ってまず驚くのは、壁中に飾られた萬年筆とボールペンです。初めての時は、目がチカチカして、圧倒されました。次に目が行くのはショウケースです。これは特注のものだそうで、広々とした空間に、これまたぎっしりの萬年筆が並べられています。店の右サイドのショウケースは座って試筆するのにちょうど良い高さに作られていて、落ち着いて試してみることができます。

10140_495150003903588_221645214_n

 

ご主人の商品説明は独特で(笑)、頑張ってるなー、一生懸命だなーという感じです。その後に奥さんの落ち着いた雰囲気のフォローが入ると、「あぁ、納得…」という気分にさせられます。見事なコンビネーション!(以前、M800茶縞のボールペンを、もう少しで買ってしまいそうになり、踏みとどまったという経験ありwww)

 

M800のボルドーが生産中止になるという情報を得たとき、すでに近隣のお店では全く置いていない状態でした。次に買うならボルドーがいいなぁと思っていたこともあり、どうしても手に入れたくなって探しましたが、なかなか見つかりません。最後にマツヤ万年筆病院の”あの”品揃えを思い出し、駄目元で連絡してみたところ、まだ残っているというお話。

M800

 

その後、休みの日に長崎まで飛んで行きました(笑)その時買ったペンがこちら。
太めの線幅が欲しかったので、BかMかで悩みました。試筆してみると、個体差がかなりあって、BとMの区別が曖昧です。細めのBと太めのM、などということがあり、結局一番なめらかな感じの個体を選択しました。

 

現在、Sappli.オリジナル(インク工房製)「鉄の町〜八幡」を入れて、ぬらぬらと気持ちよく書いて楽しんでいます。

 

この店で出会った萬年筆やインクは、M800の他に、マツヤオリジナル萬年筆(ペン先はセーラー製)、ラミーサファリのライム、モンブランのインク「レーシンググリーン」等。
長崎に行った時には必ず立ち寄りたくなるお店です。

2015年9月13日 (日)

SHOP探訪〜甲玉堂(熊本市)とパイロットペンクリニックレポート

土曜日、柳川で研修会のあと久留米で飲んで一泊。熊本が近いなぁと悪魔のささやきが聞こえてきました(笑)。

 

Img_0084

 

熊本市内の甲玉堂さんには、ちょっとご無沙汰しています。ネットで検索したところ、土日でパイロットのペンクリニックを開催中とのこと!ちょうど調整してもらいたかったペンを持参していましたので、朝早く久留米を発ち、3号線を一路南へ。
クリニックは10時から。途中時間を調整しながら9時50分ころお店に到着しました。開店前でしたがペンクリに来たことを告げると、”じゃぁ中でお待ちく ださいね”と店内に案内され、申込書を記入。

続きを読む "SHOP探訪〜甲玉堂(熊本市)とパイロットペンクリニックレポート" »

カレンダー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック