書籍・雑誌

2015年9月29日 (火)

M600 ピンクと プロフィット21 スケルトン

今日は、いつものSappli.で、この万年筆を試筆している女性を見かけました。
最新の「趣味文」の表紙にもなっている
ペリカン M600 ピンク。
ペリカンのスーベレーンシリーズの中では、際立って派手な印象の万年筆です。
9月中旬くらいから、県内の販売店でも、ちらほら見かけるようなりました。

この色はさすがに、自分用として買おうとは思いませんが
女性の万年筆ユーザーには、とても魅力的なモデルなのかな〜。

かく言う私は、先日試し書きさせてもらった
セーラー プロフィット21スケルトン F の
手にした感じ(太さやバランス)がとてもしっくりきて、気に入ってしまいました。
女性的な印象のプラチナの山中と違って
透明軸であるにもかかわらず、男性的な印象のモデル。

ただ、自分用として欲しかったのはFニブではなく、
以前から試してみたかった”ズーム”。
独特な形状のペン先を操る楽しさを味わおうと思います。

それにしても、各メーカーの個性は
軸のデザインだけでなく、ペン先の性能にも強く現れています。
そこには作り手の、万年筆に対する”哲学”が凝縮されていて
メーカーごとの違いを、知れば知るほど楽しくなります。

届いたら、開発された方の目指した書き味に思いを馳せながら
じっくり書き味を楽しみたいと思います。

カレンダー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック