« パイロットカスタム823FA 分解洗浄 | トップページ | ペン置き・ペンスタンドを購入しました。 »

2015年11月 4日 (水)

SHOP探訪〜CrossLand山口(山口市)

Crossland

山口市には、以前ご紹介した「モリイケ」さんの他に、CrossLand山口という(この地域では)かなり大きな文具店があります。系列のお店も、県内を中心に数店舗あり、CrossLand宇部は、山口市の店舗に比べてやや小さいものの、万年筆の品揃えは充実していました。
その他、広島市や下関市にも系列店があるようですが、筆記具の充実という点では、山口市の店舗が一番力を入れているようです。特にこちらには、セーラーの万年筆が充実しているように感じます(山口と広島は隣県だからというわけではないのでしょうが)。
数ヶ月前お邪魔した時には、煤竹万年筆が2本置いてあって、ちょっとびっくりしました。こちらは、実物を手にしてみる機会があまり無い物ですし、気になっていた長刀モデルだったので、試筆させていただきました。ところが、手にしてみると2本ともペン芯とペン先が大きくずれています。ルーペを使ったわけではありません。肉眼でそれと分かるほどでしたので、ちょっとがっかりしました。セーラーの検品の体制はどうなっているのかなぁ…
せっかく、性能にこだわった良い製品を生み出しているセーラーさんですから、こんなところに味噌をつけないで欲しいなと切に願います。この万年筆は、値段的にも初心者の選ぶものではないとは思いますが、ずれていてもいいというものではないでしょうし。

さて、こちらは以前、ペンドクターの川口さんがペンクリニックを開いていたことがあります。しかし最近はペンクリをやっているという話を聞きません(やっているかもしれないのですが)。インクもDr.ヤンセンをたくさん置いてあったりして、こだわっているなぁ、嬉しいなぁ、と思っていたのですが、最近はほとんど在庫がなくなりました。ちょっと寂しい気がします。モンブランのコーナーや、中屋の蒔絵や、デルタの高級ラインのモデルなど、他ではあまり見ないものがあったりしますので、目が離せないお店であることは間違いないのですが…。このまま萎んでいかないことを願っています。

因みに、こちらに置いてあったヨーロッパ製の万年筆の中には、長い事ビスコンティのオペラ”レインフォレスト”があって、ずっと気になっていました。一念発起して買いに行ったら売れてしまっていたのは残念な思い出です。ちょくちょく様子を伺いに行かなくちゃ!!

山口市は、このお店とモリイケ、そして湯田温泉があるという点で、私にとって休日を過ごす絶好の場所になっています。ついでに書くと、山口県立美術館のミュージアムショップでは、私の大好きな”榛原”の蛇腹便箋を取り扱っています。おかげで山口に行ったら必ず美術館にも立ち寄るようになってしまいました(笑)。

« パイロットカスタム823FA 分解洗浄 | トップページ | ペン置き・ペンスタンドを購入しました。 »

SHOP探訪」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私が萬年筆に堕ちて最初に訪問したのがこのお店でした。昨年の4月末頃です。当時はまだサプリを知らなかったので、ドライブがてらはるばる山口まででかけたわけです。私の感想もcharlieさんと同じで、品ぞろえなどはさすがと思うものの、反面最近は萬年筆に力が入ってないような気配も感じて少し寂しい思いもします。

このお店を出て湯田温泉の中の道を山口市内に向かう途中で「中原中也記念館」を発見して思わず飛び込んだのを思い出します。中也の自筆原稿が展示されていましたが、それが萬年筆で書いたと思われる筆跡で、何というか、ある種の縁(大袈裟ですが)を感じたのでした。

桜のGさん
中原中也記念館は、街中ではありますが、落ち着いたいい雰囲気ですね。
彼の自筆原稿に限らず、著名な作家の自筆原稿を見るのはなんだか楽しいものですね。特にその作家の作品のファンであればなおさら…
雑誌で見た、宮沢賢治の文字(確か鉛筆書きだったと思います)が、素朴で”いかにも”だなぁと思った記憶があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65862/62614128

この記事へのトラックバック一覧です: SHOP探訪〜CrossLand山口(山口市):

« パイロットカスタム823FA 分解洗浄 | トップページ | ペン置き・ペンスタンドを購入しました。 »

カレンダー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック