« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月28日 (水)

パイロットカスタム823FA 分解洗浄

パイロットカスタム823は、大量のインクを吸入する”プランジャー機構”が大好きなのと、重量バランスがしっくりくることがあって、大変気に入って使っています。せっかく大量のインクが入るのですから、インクの色も楽しみたくてスケルトン軸を選びました。
ただし、インクタンクの両端はピストンが触れないので、グリースにインクの色がついてちょっと興ざめなのが玉に瑕です。なんとかスッキリと洗浄できないかなぁと思っていました。

そこでネットで情報を探っていると、がりぃさんの「趣味と物欲」と、くりぼんさんの「みちくさ通信」に、パイロットカスタム823のメンテナンスについて記事がありました。

趣味と物欲
WAGNER限定古典インクのカスタム823での使用について、くりぼんさんの一連のツイートをご紹介。


みちくさ通信
カスタム823を洗浄

先輩諸氏の情報に習って、私も分解洗浄にチャレンジしてみました。

Img_0178

工具は7mmのスパナ。これで尻軸の部分をはずし、ピストンを抜きます。写真では首軸は外していませんが、最終的にはこれも簡単に外すことができました。軸の内部をキッチンタオルを丸めて綺麗にします。首軸は流水で洗った後、しばらく水につけて溜まったインクを流します。ここ最近はずっと、丸善アテナインキを使っていましたが、ピストンを綺麗にしていると、最初に使ったパイロットブルーのインクがこびりついていたのがわかりました。これも綺麗にします。


Img_0180

洗浄後、組み立てです。尻軸、首軸のネジ部分とピストンのゴムの部分に薄くグリースを塗ります。こちらは、くりぼんさんからの情報による「グリースメイト(呉工業)」を使用しました。
そして、組み立てたのがこちらです。スッキリしました。

新しく入れるインクを何にしようかと悩むのも楽しいものです。今回はインク工房で作っていただいたお気に入りの"charlie's green"にしました。
今回のように確実に洗浄できるのなら、気軽に(?)色々なインクを楽しむことができそうです。




Img_0179

2015年10月22日 (木)

SHOP探訪〜山形屋文具売り場(鹿児島市)

九州では、万年筆ユーザーが多いといわれる鹿児島市に来ています。
インク工房やペンクリニックの開催も精力的に行われている、山形屋さんに立ち寄りました。

 

売り場の広さに対して万年筆の本数はかなり多く、充実しています。一角に中屋萬年筆のコーナーがあるところがこだわりを象徴している様です。焦る事なくゆっくり選べるのが良いなあと思いました。
bar-karさんの情報によると、萬年筆に詳しい店員さんがいて、話すと楽しいという情報を得ていましたので、会える事を期待していたのですが、残念ながら会う事は叶わず。
せっかくですので、何か記念に買って帰ろうと思い、ラミーのコッパーオレンジインクを購入しました。アルスター本体はSappli.で購入していたのですが、インクは決めていなかったので。添削用にはちょうどいいかな〜
因みに、鹿児島市には気になる文具店がもう一軒あります。時間の関係で行けるかどうかわかりませんので、まぁご縁があれば、という事で。

Image_2
Image_3
Image_4
Image_5

 

2015年10月18日 (日)

第6回月例会のご案内(終了しました)

 

場所    「旧大連航路上屋」多目的室A-1 (門司港レトロ地区)
日時    11月21日(土)  9:00〜17:00
駐車場 施設内に十分確保できます。

 

    ※駐車券の準備が必要ですので、
     お車で来られる方は事前に私までお知らせください。
     
(コメント欄や掲示板に書き込んでいただければ助かります。)

参加費 
会場借用料として100円(差し入れは大歓迎!)

 

Thumb258x162_3

A_2thumb258x172_2

 

一時間だけ参加、午後だけ参加とか、ちょっと覗くだけというのも、もちろんOKです。各自の都合に合わせて、自由にご参加下さい。

終了後は、会食を予定しています。こちらも自由参加ですので、ご希望の方は申し出てください。

第5回月例会の報告

秋晴れの中、第5回月例会(初めて丸一日の日程)を開催しました。

場所は門司港レトロ内”旧大連航路上屋”会議室。大変快適な環境でした。
朝8時40分、下関から参加のYさんと私が現地に到着。9時からの借用でしたので5分前には施設に入り、椅子や机を並べて準備を済ませました。

Img_0175

Yさんは前回に続き、ご自分で製作されている萬年筆の新作を持ってきてくださいました。相変わらず完成度の高いもので、素晴らしいコレクションでした。さらに今回はそれに加えて、パイロットやシェーファー、ダンヒル等々のコレクションも。どれもビンテージなのですが、様々な不具合をYさんが修理・手直ししたもので、一本一本お話はつきませんでした。大変興味深く聞かせていただきました。

 

桜のGさんは、珈琲メーカーを持参してくださって、終日振舞っていただきました。ありがとうございました。今回は事前に考えていたテーマの話はゆっくりできませんでしたが、また次回を楽しみにしています。(ロジウム鍍金のペン先、はねずさんに試筆してもらえましたか?)ちなみに太字やミュージック等々のペン先をあんなに持っておられるとは!びっくりしました。

 

Img_0172

 

はねずさんはお話で盛り上がりつつ、私の萬年筆を嫁入り(笑)させていただきありがとうございました。多分書き味は悪くないと思いますので、末長く宜しくお願いします。赤系の古典インクについても、気にされていたほどのことはないと思います。Yさんの製作の話もそうですが、何が楽しいって”試行錯誤”の過程が一番楽しいので。いじり倒してみてください(笑)ついでにcharlie' greenも宜しくお願いします。

 

三崎さんには今回も、楽しいインクの紹介を聞かせていただきました。カリグラフィーペンはSappli.で購入したんですよ〜よろしければ注文してあげてくださいwww。嫁入りさせていただいた”ミュージック”も楽しんで使っていただければと思います。それにしても改めて思うのは「利景」はいい色!そういう色に出会うと、そこを足がかりにして「もう少し◯◯な色がいいなぁ」なんて具体的なイメージが湧くのですね。インク沼のほとりで、今にもひこ込まれそうになっています。←もう既に…?

 

Img_0176_2

 

bar-karさんはお忙しい中参加いただきました。持ってきていただいたインク、ローラー&クライナーやエルバンの色合いは、グッときました。特に前者は…多分もうすぐ注文していることでしょう。あーこうしてインクが増えつつ萬年筆も増えてしまうのでしょうか(笑)まさに”あるある”状態だなぁ。

 

今回も茶菓子は参加者の皆さんが差し入れて下さいました。
Yさんは下関の某有名店のお饅頭。これが大変美味しかった!
他の方からも、差し入れを頂きました。ありがとうございました。

 

Img_0177

参加者は6名。前回よりは少なかったのですが、終日楽しく過ごすことができました。終了後”門司倶楽部”で会食して、さらにもうひと盛り上がりして終わりました。

今回の参加された皆さんのご協力で、楽しい時間を過ごすことができました。改めて御礼を申し上げます。ありがとうございました。

次回以降のお話は、随時こちらで紹介させていただきます。

2015年10月17日 (土)

会員用掲示板を設置しました。

北九州萬年筆同好会の”会員用掲示板”を開設しました。このブログの左下メニューにリンクを貼っています。

さて、ブログでの情報発信は、管理人である私は好きなようにテーマを決めて投稿できますが、皆さんは管理人が発信した内容に限定してしかコメントを書けず、情報が一方的になり話題が偏りやすいのが気になっていました。
この会の皆さんは色々な情報をお持ちですから、記事のテーマにとらわれず、好きなことを書き込んだり、コメント欄にも写真を掲載したりできる場所があれば…という思いから設置してみました。
ブログと掲示板の違いってよくわからないという方も、投稿自体はそんなに難しくありませんので、お気軽に書き込んでみてください。(現在、お試しで幾つかのトピックを掲載しています)

ただし、ご注意頂きたいのはオープンな掲示板だということです。誰でも閲覧できる環境ですので、個人名や個人情報などオープンにできない、したくない内容は書き込まないでください。 ←2015年11月21日よりクローズにしました。参加するには、ユーザー名・パスワードが必要です。具体的な参加条件は関連記事をお読みください。

第5回月例会のご案内(終了しました)

日時 10月17日(土)  9:00〜17:00
場所 「旧大連航路上屋」多目的室A-1 (門司港レトロ地区)

※ 門司港レトロ地区に、この夏オープンしたばかりの施設です。

駐車場 施設内に十分確保できます。お車で来られる方は事前に私までお知らせください。(コメント欄に書き込んでいただければ助かります)
参加費 無料(差し入れは大歓迎!)

 

Gta_2841417de

 

午前中の2〜3時間では短い!という声にお応えして、夕方まで部屋を確保しています。
インクの話でも、調整の話でも、あせらずノンビリできますね。

 

とはいえ、午後だけ参加とか、ちょっと覗くだけというのも、もちろんOKです。各自の都合に合わせて、自由にご参加下さい。
門司港地区は、私の故郷でもあります。とくにレトロ地区が整備されてからは、この町には、萬年筆が似合うんじゃないかなぁと思っていました。萬年筆=レトロな筆記具?のイメージです。萬佳さん、出店してみませんか(笑)
同好会の合間を縫って歴史的建造物を散策するもよし、焼きカレーに舌鼓を打つもよし。
そして終了後は、「門司倶楽部」で打ち上げなど如何でしょうか?
北九州在住の方でも、門司港にはまだ縁がない方もおられるでしょうし、他の地区からお越しの方には、萬年筆+αの楽しみもあります。
遠方の方で、参加をためらっている方。この機会にいかがですか?

というわけで、多くの方のご参加をお待ちしています。

会場案内はこの下(続き)にあります。

続きを読む "第5回月例会のご案内(終了しました)" »

2015年10月14日 (水)

インクの楽しみ vol.4〜赤系の色

今回は赤系の色を集めてみます。
例によって、色がわかりやすいようにカリグラフィーペンを使ってサンプルを作りました。

Red

赤いインクで文字を書くことは他の色に比べて少ないのですが、ついつい買いためてしまいました。この中でパイロットの「冬柿」は、最も普通の赤に近い色合いで、添削用に使うことが多い色です。普通に「赤」ではなく、ちょっとだけ「こだわった赤」を使うのが楽しいですね。
セーラーの「金木犀」もよく使います。こちらも注釈などの書き込みに使うことが多いです。この色、とても気に入っていますが、もともと限定発売されたインクでした。店頭から姿を消してしまったので、ひと瓶使い切ったところで、インク工房さんで追加を作っていただきました。蛍光色と言っていいくらい明るく、エネルギーの強いオレンジ色です。
一番下のインクは、古典ブルーブラックの原理で作られた「古典レッドブラック」です。色の変化を見ていただくために、時間差で書いてみました。みるみる色が変化していきます。

2015年10月11日 (日)

月例会迫る!今回のテーマは…?

三連休の中日、先週末の行事で、役割とはいえ中腰で走り回ったため、猛烈な筋肉痛でのたうち回っています。昨日は別府までドライブしたし、それもこたえたかな。寄る年波には勝てません(笑)

さて、一週間後に迫った10月の例会。初めての会場で夕方までゆっくり時間があるので、なんでもできそうな気になっていますが、せっかくなのでブログネタも集めちゃおうと画策しています。

其の1 「あなたのペンケースを見せてください」
 趣味文の企画をパクるつもりではありませんが、参加者の皆さんが普段持ち歩いている萬年筆とはどんなものか?または、どんなペンをどんな時にどんな用途で使っているか?度々話題になっている内容ですが、全く記録を取っていませんので備忘録を兼ねて。

其の2 「一番使用量の多いインクはなんですか?」
 本会にはインク沼の住人が多数おりますので、インクへのこだわりについて語るときりがないかもしれません。そこで今回は"My favorite ink"を一つ選んでもらおうと思います。基準としては「使用量」に限定。色の好みとか、シーンに合わせた使いやすさとか、基準は様々あると思いますが、自然にたくさん使っているインクこそ"My favorite ink"なのかな〜と思いまして(異論はもちろん認めます)。

 とまあ、こんな風にテーマを決めても、それしか話さないということはありませんので。当初からの進め方どおり「ゆる〜り」と参りましょう。


会場までの案内及び、駐車場確保希望は「第5回月例会案内」にて紹介・受付しています。

2015年10月10日 (土)

SHOP探訪〜明石文昭堂(別府市)vol.2とパイロットペンクリニックレポート

熊本市の甲玉堂でのペンクリに続いて、別府市の明石文昭堂で行われた、パイロット万年筆のペンクリニックに参加してきました。こちらでは(ほぼ?)年に一回、パイロットのペンドクター・滝沢さんがクリニックを行っておられます。

10時開店に合わせて早朝から自宅を出発。早い時間でしたので、悪名高い国道10号線の渋滞は無く、スイスイ進んで15分ほど前に到着しました。入り口側にペンクリのコーナーがしつらえてあって、すでに滝沢さんがスタンバイされています。ちょっと早かったのですが中に入れていただき、待ち時間なく診てもらうことができました。

Img_0005_3

今日はビスコンティの「ヴァンゴッホ〜バニラ M」を持参。時々書き始めのかすれが気になっていました。結果としては、切り割の部分がちゃんと紙に当たるようにするには…とか、文字を書いている位置の変化(紙の右上と左下など)によっても、ペン先と紙の当たる角度は変わってくる…というようなことを丁寧に教えていただきました。その上で、ペン先の開き具合を少しだけ調整していただき、終了!

ペンクリニックって、書き味の調整やトラブル解消はもちろんなんですが、万年筆のプロから様々な話を聞けるということが何より魅力的だなぁと、改めて思いました。
ところで私の記録用紙には34番と書かれてありましたので、昨日は33人もペンクリニックを訪れたことになります。そして今日も、私が診ていただいている間にも次々に来店されていました。毎年定期的に万年筆の状態を診ていただける安心感と、お店の熱心な取り組み。決して人口は多くない別府市で、これはすごいことですね。別府の萬年筆ユーザーさんは幸せです。

ペンクリが終わってお店の方とお話しする中で、パイロット2015年限定キャップレス「トワイライト」が今日入荷する!という情報を聞き、ちょっと温泉に浸かってからもう一度お店を訪ねました。とはいえ、すでに買い手がついているので見るだけなんですが(笑)。

20150915_1764212_2

20150915_1764213

2015年の限定モデルということで世界で2015本限定生産なんだそうです。 画像はちゃっかり、他のサイトから拝借(まぁ宣伝になるからいいのかな…)。スカイブルーからバイオレットへのグラデーションは、青系の色が好きな方には堪らない色使いかもしれません。

私はすでに2012年のチャコールマーブルを持っていますので(明石文昭堂さんで購入)さらにもう一本という気にはならないのですが、そいつがMニブなのがちょっと惜しいのです。以前Fのペン先を試させていただいた時、独特のしなり感に驚いたことがあって、いつか縁があったら、Fのキャップレスが欲しいなぁ、と物欲を刺激されつつ、帰路に着いたのでした。

2015年10月 7日 (水)

SHOP探訪〜モリイケ(山口市)+「出雲 赤溜」Review

山口市は、萬年筆に力を入れて扱っているお店が(私の知っている限りでは)2件あります。
今回はモリイケさん。道場門商店街にあります。

Photo

いかにも「町の文具屋さん」的な店構えですが、萬年筆に関しては侮れないこだわりが感じられます。

お店に入ると売り場面積に対して大きめのカウンターレジがあり、その半分は萬年筆のディスプレーショーウィンドウです。国産を中心に基本的なラインナップを揃えています。

お店の方にお話を聞くと、店主さんはプラチナ萬年筆押しだとか。確かにショーウィンドウにはプラチナ萬年筆が充実していて、スタンダードモデルの他、高級ラインの商品も揃えています。
「これがいいんだよ」というような主張を感じるところが好きです。

お店のオリジナルインク(sailorインク工房製)もあって、萬年筆ファンに嬉しい品揃えです。「インクの楽しみvol.1」で紹介した”一の坂”をはじめとして、全3種類のインクがあります。


Img_0168

私はこちらでプラチナ萬年筆 「出雲」赤溜 M を購入しました。本当はFが欲しかったのですが、購入した時は店頭に無く、ペン先よりも漆塗りのペンに興味があったことと、#️3776のペン先以外の書き味を知りたかったこと(「出雲」のペン先はプレジデント)が決め手となりました。カチッとした書き味で、メリハリのある線が書けます。明らかに#️3776とは違った感触で、ほとんどしなりは感じません。しかし、ペン先の形状のせいか、とめはねが適度に表現できる気がします。


実際に使ってみて指先に感じるしっとり感は、漆の軸ならでは。ペン先は最近やっと馴染んできて、ますます書き味が良くなってきました。
インクは一貫してプラチナのブルーブラックを使用しています。
持ち歩くのではなく、自宅で、ゆったりした気分で、手紙を書くのに手が伸びる一本です。

2015年10月 3日 (土)

Sailor Profit21 skeleton"zoom" Review

Sappli.に注文していたブツが届きました〜o(*^▽^*)o
コンバーターは白を選んでみました。まだインクを入れていない状態でこんな感じです。

Profit212

Profit211

Profit213

ペン芯と首軸の所が黒で、その他はゴールド・シルバー。全体的に華やか・スッキリした感じです。
インクの色を楽しみたい、というコンセプトではありますが、コンバーターで見えるインク色はペン全体のバランスの中でどのくらい主張するのか?入れてみないとわかりません。なので、初めて吸わせる色はどうしようかと、結構悩みました。
濃い色だと、あまり楽しめないかなぁとも思ったのですが、結局ガリィさんオリジナル古典インク”ブラウン-ブラック”に決めました。
タミヤ瓶に入っているときは”赤”に見えるインク。コンバーターに入れてみても、やはり”赤”に見えます。しかし、筆記して30秒程度で赤みが消え”茶色”に変化します。時間が経つとさらに黒っぽくなりますが、筆記時の濃淡はそのまま残ります。

Profit214

写真は筆記して2分くらい経った色です。まだ、明るいブラウンです。そして、コンバーター内のインク色は、写真ではよくわかりませんが、筆記するとき手元で見ると、赤い色がなかなか綺麗でした。よって思惑通り(笑)

 

ペン先は、思い切って"zoom"を選びました。ペンポイントは、呆れるほどに大きい!です。ペンを寝かせると極太字、立てると細字(中字かも?)になるように独特の研ぎ方になっています。

Sailorzoom1

写真で見ると、丸いペンポイントを先端に行くほど細くなるように”八の字”に研いでいるのがわかります。実際書いてみるとそのようになるのですが…細字が書きたくても、ずっとペンを立てたまま書き続けるのは違和感があって無理です。基本的には太字のペン先という認識でいた方が(精神衛生上)良いようです。
ただ、一本のペンでこれだけ線幅に変化がつけられるというアイディアはスゴイ!

 

拡大写真を撮ってみて気がついたのは、微妙にペン芯とペン先がずれている…
このくらいは自分でできる範囲のことなので、撮影後直しておきました。
書き味は申し分ありませんでした。

 

ガリィさんのインクで、少し粗めの紙に書くと、線の濃淡+太字独特のかすれが出て、なかなか味わい深い文字が書けることがわかりました。
コリャ〜楽しめそうです!!( ̄ー ̄)ニヤリ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

カレンダー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック