トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

「ふでDEまんねん」のスケルトン

110213_2

先日の同好会で、三崎さんが紹介してくれた「ふでDEまんねん」のスケルトンタイプ。
コンバーターに至るまで透明+白で統一されたデザインは、インクに嵌った「インク沼の住人」にとって魅力的な萬年筆です。

セーラーの石丸さんによる「インク工房」で限定販売されているらしいのですが、次のインク工房まで待てない気分になってしまいました。

Img_1670

「プロフィットJr.透明感」と「ふでDEまんねん」はペン先のサイズが同じと聞いてペン先だけ交換してみました。ペン芯とペン先を引き抜くのは、少し勇気がいりますが、焦らず作業します。
本当はペン先の色はシルバーなのですが、「ふでDEまんねん」はゴールド(メッキ?)で、組み立てた後そこだけ浮いて見えますww

インクは「トワイライト・ルージュ」を選択。
色がよく見えます…美しい。これで、色を楽しむための萬年筆が完成しました。
三崎さんの影響を色濃くうけたおかげです(笑)。

2015年8月30日 (日)

SHOP探訪〜萬佳・ワンチャ(大分県豊後高田市)

第3回は、大分県豊後高田市にある「萬佳」さんです。

豊後高田市は「昭和の町」というキャッチフレーズで、昔ながらの街並みを生かした町興しに取り組んでいる所です。

Img_1595

メインストリートから少し外れたところに、昔の映画館の建物があり、その中が「萬佳」さんの店舗兼事務所になっています。(お店の中は撮影できませんでしたので、外観だけ紹介させていただきます。)
こちらのお店は、どちらかというとインターネット上でご存知の方が多いのではないでしょうか。amazonやヤフオクで、筆記具、カバン、時計などを扱っています。

Img_1597

入り口には、スーベレーンの巨大なオブジェが飾ってあります。これがなかったら何のお店か、外観からは全くわかりません。
私がこのお店を知ったきっかけも、ネットショップで存在を知り、休日のドライブがてら訪ねてみたのが初めです。
店を訪れると、店長のEさんに「何か面白いものありませんか〜(笑)」と聞くのが常です。すると、どこからともなく「こんなのはどうですか?」と、こちらの興味をくすぐるものを必ず出していただけます。勿論中にはとても手が届かないような高級万年筆もありますが、実物を見るだけでも楽しいのです。
また、年代物の万年筆やデッドストックのものなど、「へ〜」「ほ〜」と感心するものがあって、時間を忘れてしまいます(お店にとってはご迷惑かもしれませんね(^_^;)
これまで、EVERSHARP レバーフィラー、MONTBRANC 234 1/2 OB、Pelikan M800 茶縞 3B等に出会わせていただきました。東京・大阪あたりに行くと、このようなものは比較的手に入りやすいのかもしれませんが、たぶん九州では、なかなか実物に触れる機会がないものです。そういう意味で勉強になりますし、萬年筆について楽しく話せるお店ということもあって、私の大好きなお店の一つです。
残念なことに、最近定休日が変わって、私の休みの日と重なってしまいました。以前ほど訪れることはできなくなりましたが、機会を見つけて訪ねたいと思っています。

2015年8月29日 (土)

第3回月例会報告

第3回月例会は、初めて会議室を借りて行いました。

せっかく場所を確保したのに、集まりが悪かったらどうしょう…と気が気ではなかったのですが、幸い10名の参加者があり、盛り上がりました!!

Img_1639_3

先ずは、準備。インクをテーマにしていましたので、ストックしているインクを持ち込みました。インク工房で作成してもらったものや、SHOPオリジナルのものなどです。気がつけば、随分増えてます(笑)
そして、インクを扱うので手が汚れるのを見越して、ペーパータオルやら「水の激落ちくん」やら、準備しました。実際使ってみたら、本当に綺麗になるので驚きです。
三々五々参加者が集まり、楽しい時間の始まりです。
いつものメンバーに加えて、kerotaさん、三崎さん、chakiさん、keiさん、はねずさんが新規参加。少し遅れてFさんも参加でした。
三崎さんは、インク沼の住人だそうで(笑)インク工房にあしげく通っていらっしゃいます。そのインク愛に溢れた様々なグッズを紹介していただきました。

Img_1643

写真は、丁寧にラベルを貼ったオリジナルインクサンプル。元は点眼薬の入れ物だそうです!他にもインクの色見本帳や、スケルトンのふでDEまんねん等々、インクを楽しむ工夫が一杯でした。大変参考になりました!!
お友達のkeiさんとはねずさんは、参加者の持ち込んだ萬年筆やガラスペンの書き心地を、一つ一つ楽しまれてました。これからの萬年筆ライフの参考になったでしょうか?
korotaさんは、萬年筆歴が浅いと言われていましたが、しっかりコレクションをお持ちでした。桜のGさんと萬年筆談義に盛り上がっていたようです。
chakiさんは艶やかな和服姿で登場。萬年筆と和装の組み合わせっていいなぁと思いました。三崎さんのインクコレクションを前に、オリジナル色の話で盛り上がっていたようです。「風神雷神」をいつかGETした時には、どんな色のインクを入れるのかな?楽しみですね。

Img_1652

Fさんは時間のない中、ちょっとでも参加しようと駆けつけてきてくれました。私とはあまり話す時間がなかったのですが、bar-karさんと会話が盛り上がっていたようで、良かったです。今度はゆっくり参加できるといいですね。
桜のGさん、bar-karさん、tete☆さんは、裏方仕事のお手伝いもありがとうございました。いろいろ気を配っていただいて、初参加の方も楽しい雰囲気に安心されたと思います。
さて、時間の方はあっという間に過ぎてしまい、参加者から「短か〜い!!」と嬉しいご意見をいただきました。次回からの参考にさせていただきますね。
参加して下さった皆さん、どうもありがとうございました。

第3回月例会のご案内(終了しました)

日時  8月29日(土)  10:00〜12:00
場所  北九州市立守恒市民センター
参加費無料
※萬年筆やインクなど、持ち込みは各自の自由です。ただし、会場での管理は、自己責任でお願いします。

今回のテーマは…
    「インクを楽しもう!」

一口に萬年筆のインクといっても、様々なものがあります。大好きな色を、お気に入りの萬年筆に入れて、至福のひとときを過ごしている方も。
インクにまつわるエトセトラを、「色々」楽しんじゃいましょう!


Image

 

2015年8月28日 (金)

萬年筆の周辺(その1  ペン先撮影グッズ)

世の中には、「萬年筆の調整(そのもの)が趣味」という方もいらっしゃって、大変なリスクと向き合いながら精進を重ね、素晴らしい技術を持つに至った方がいらっしゃいます。私はそういう方々のおかげで、書くことを楽しむことができています。(尊敬しています!)

しかし、自分の所有物ですから、ちょっとはペン先をいじれる程度の技術は身に付けたい。というわけで、ペン先を覗き込むためのルーペは常用しています。
そのうちに、今覗き込んでいる様子を写真に撮りたい、つまりは記録を残したいと思うようになりました。ただ、高機能のカメラにつぎ込む¥はないので、できるだけ簡単、できるだけ安価なやり方を考えました。
Img_1623 まずカメラは、iPhone5sのカメラを使うこと。やってみると、それなりに撮れるのですが、ペン先の先までうまく拡大することはできませんでした。そこでマクロ撮影ができるアタッチメントを購入してみました。
「趣味の文具箱」や先輩諸氏のブログなどの写真は、もっとちゃんとした機材を使って撮影されているので、結果も素晴らしいのですが、素人の私はとりあえずこれで十分かと…(笑)
Img_1627_2 で、実際ペン先を拡大撮影してみました。おー。結構ちゃんと撮れるものですね。
ペンはMONTBLANC 234 1/2 OB です。OBの部分をうまく撮りたかったのですが、微妙にピントが合ってない。カメラの固定方法や、シャッターをタイマーを使って切るとか…ぶれないようにする方法を考えます。

2015年8月25日 (火)

SHOP探訪〜明石文昭堂(別府市)

Img_1603SHOP探訪 第2回は、いきなり県外(^_^;)

大分県別府市の「明石文昭堂」さんです。
こちらは別府市でも老舗の文具店。品揃えも豊富です。
しかし、このお店の魅力は、何と言ってもスイーツ好きの社長さんと奥さんの温かい接客!地元別府市を愛し、昨今のオリジナルインクブームのさきがけ(?)となる「トワイライトシリーズ」「別府ビューシリーズ」を販売しています。
私もここのインクのファンで、これまで4色購入しています。(中でもお気に入りは…いつかインク特集を書くときにゆっくり記事にします)
Img_1605
写真は、店頭に準備されているサンプルです。どの色も、社長ご夫妻がこだわり抜いて注文されただけあって、大変魅力的!!各色ともラミーサファリにセットされていて、店頭で試し書きできます。
今回「トワイライトボルドー」を購入しようと訪れたのですが、なんと売り切れ。他にも売り切れ中のインクがたくさんあるではありませんか。話を伺ってみると、お隣の国の方が「爆買い」しているとのこと。こんなところまで爆買いの波が来ていようとは。◯国恐るべし…(私のがっかりした顔を見かねて、奥さんが店頭用のインクを少し分けてくださることに。申し訳なく思いましたが、今回はご好意に甘えさせていただきました。本当にありがとうございました!)
Img_1604こういうお店があるから、また別府に行きたくなります。10月初めにパイロットのペンクリニックも行われるそうですので、ぜひ参加したいと思います。

2015年8月24日 (月)

SHOP探訪〜Sappli もりつね店

北九州市内や近郊の、萬年筆にまつわるお店を紹介します。

第1回は、萬年筆同好会が発足するきっかけになった「Sappli もりつね店」さんです。Img_1573
子供向けのファンシー文具から、事務用品、高級筆記具まで、幅広く取り扱っています。
その中で、奥まった一角に高級筆記具のコーナーがあります。万年筆の試し書きができるデスクがあり、自分にあった1本をじっくり選ぶことができます。
萬年筆好きには大変居心地のいい空間です。
これまで、ペンドクターの川口さんによるペンクリニックや、インクブレンダーの石丸さんのインク工房を開催。こんな地方都市の、さらには市街地から外れたお店が、ここまで頑張っている例はあまりないのでは?Img_1572_4
Img_1570こちらには、「萬年筆Fan交流ノート」を置かせていただいてます。北九州萬年筆同好会のメンバーだけでなく、広く交流できるノートですので、お立ち寄りの際には是非こちらも御覧ください。

2015年8月22日 (土)

「北九州萬年筆同好会」スタートです!

萬年筆好きが集まって、地元北九州にも「北九州萬年筆同好会」を立ち上げました!

行きつけの小倉南区の文具店「Sappli サンリブもりつね店」で
常連さん同士の交流が生まれ
これまで2回の例会を開きました。

今のところ、これといって大げさな企画があるわけではありませんが

大好きな萬年筆について、ゆる〜い雰囲気の中語り合うのが楽しくて(笑)
しばらくこのペースてやっていきたいと思っています。


このブログは、メンバーであり発起人の一人であるcharlieが運営しています。
例会の予定や記録、その他、萬年筆に関する情報を投稿します。

よろしくお願いします  o(_ _)oペコッ

トップページ | 2015年9月 »

カレンダー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック